事業内容 | 株式会社エンクロス
株式会社エンクロスロゴ

高性能な機能を開発より、役立つ機能を使ってもらうかが弊社の主是

アプリケーションサービス

各種開発技術・言語を用い、要件定義から運用保守までを行います。
これまでの事業では次のような技術・言語を活用してきました。

  • SAP (ABAP)
  • Android (Java)
  • .NET Framework (C#,VB)
  • Servlet (Java)
  • Curl (RIA)
  • Access

<導入事例>食品・飲料事業会社でのサーバマイグレーション事例

基幹システムのサーバをLinux系からWindows系へとマイグレーションするプロジェクトにおいてERPシステム (SAP) とOSの連動部分のWindows化を行いました。

具体的には、Cシェル等のLinuxプログラムの.NET Framework用Windows実行ファイルへの置き換えもしくは、Windowsバッチファイルへの置き換えがメインとなります。

開発言語にはC#、開発環境にはMS Visual Studioを選択しました。

Linux (Unix) OSが独自に持つユニークファイル作成命令や、自動的にかかるファイルの排他制御などLinuxとWindowsでは微妙に異なる部分についても.NET Frameworkの技術を利用しマイグレーションを行っています。

<導入事例>コンテンツ事業会社でのRIA事例

最新のRIA (Rich Internet Applications)技術を導入し、新しい契約書管理システムの導入支援を行いました。本事例ではシステムの要件定義より参画させていただきました。

  • ユーザが操作する画面部分については、Curl言語
  • サーバサイドの処理については、Servlet (Java)

とそれぞれ異なる技術で実装を行っています。

他にも、RIA技術の検証の意味合いでSAPとJavaをSAP Java Connectorで結び、Curl⇔Servlet⇔SAPというクロスアプリケーションも実現しています。

<導入事例>飲料事業会社での機能拡張事例

Accessにより顧客情報を管理するアプリケーションの機能拡張を行いました。

具体的には

  • 顧客データ管理項目の追加
  • 顧客データ分析用集計機能の追加

などです。

ページのトップへ戻る